WEB問診

WEB問診

WEB予約

WEB予約

福岡天神の産婦人科 野崎ウイメンズクリニック

2023/01/03 18:00

Column192: 2023年卯年

院長ブログ

新年あけましておめでとうございます。

2022年 五黄の虎の年(コラム119) が終わり、2023年は「癸(みずのと)卯(うさぎ)」の年です。

卯年は十二支の4番目の年で、癸は十干の最後の要素です。
十二支と十干を組み合わせたものが60通りあり、これが一巡すると還暦となります1)。


ウサギは穏やかで温厚な性質であることから、「家内安全」をもたらし、跳躍する姿から「飛躍」や「向上」を象徴するものとして親しまれてきました。

また、「植物の成長」という意味もあり、卯年は新しいことに挑戦するのに最適な年といわれています。

株式市場には十二支から、

辰巳(たつ・み)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さる・とり)騒ぐ、戌(いぬ)は笑い、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)はつまずき、寅(とら)千里を走り、卯(う)は跳ねる

という格言があります。ウサギは跳ねるので、景気が上向きに跳ねる、回復するといわれており、株式市場にとって卯年は縁起の良い年として知られています。

卯(兎)が入った四文字熟語をいくつか挙げてみましょう。

烏飛兎走(うひとそう)
古代中国の言い伝えでは、太陽には烏(カラス)が住み、月には兎が住んでいるとされていました。月日が慌ただしく過ぎていくことを、太陽と月の早い動きから、烏が飛び兎が走るさまに例えた言葉です。

鳶目兎耳(えんもくとじ)
鳶(とび)の目は遠くのことまで目ざとく見つけ、兎の耳はささいな音も聞きもらさないという意味で、そのような目と耳を持った情報収集能力の高い人のことです。


2023年の卯年も烏飛兎走(うひとそう)の一年になりそうですが、情報が錯綜しているこの時代、鳶目兎耳(えんもくとじ)の高い情報収集能力で賢く生きていきたいものです。

引用

1)https://i-corporation.jp/blog/nenga2/

この記事を書いた人

野崎 雅裕
野崎 雅裕野崎ウイメンズクリニック 院長
福岡市天神の産婦人科、野崎ウイメンズクリニックの院長。女性医学の専門医として、九州大学病院などにおいて、思春期から更年期女性のホルモン療法や不妊治療、漢方療法、月経痛や女性のこころとからだの悩みに関する医療に長年従事。ホルモン療法やピルの使い方、月経痛の対処法や月経移動の説明にも精通した熟練スタッフとともに、すべての患者様へあたたかいケアを行っている。
< 前
次 >
Column196:緊急避妊ピル
Column196:緊急避妊ピル
2023/01/31 18:00
Column195:フェムテックって?
Column195:フェムテックって?
2023/01/24 18:00
Column194:ネアンデルタール人
Column194:ネアンデルタール人
2023/01/17 18:00
Column196:緊急避妊ピル

2023/01/31 18:00

Column196:緊急避妊ピル

Column195:フェムテックって?

2023/01/24 18:00

Column195:フェムテックって?

Column194:ネアンデルタール人

2023/01/17 18:00

Column194:ネアンデルタール人

トップに戻る
HOMEボタン
電話
WEB予約
WEB問診
トップに戻る
地下鉄天神駅14版出口直結 産婦人科

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

電話番号

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

電話番号

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.

Designed by HARUNO design.