診療案内
Medical

ホーム > 診療案内

思春期外来

小児から成人になるまでの移行期を思春期といいます。女性ホルモンの分泌が始まり、乳房が発育し、恥毛が生え、最初の月経である初経が起こります。
日本人の初経年齢は12歳頃ですが、初経がかなり早く起こったり、いつまでも始まらなかったり心配される場合や、人によっては、情緒不安定になったり、登校に支障をきたすこともありますので、思春期外来で相談することをお勧めします。

エコー検査で子宮を確認したり、血液検査でホルモン値を測ったりすることで成長の様子がわかります。丁寧に説明を行いますので、ご本人も親も安心されることが多いようです。
また、月経痛がひどくて生活に支障をきたすような場合は月経困難症といいますが、治療でかなり楽になります。正しい鎮痛薬の服用方法や低用量ピルを試してみることによって、月経痛や生理不順で困るようなことが少なくなってきます。

月経移動

大事な試験や面接の日、楽しい旅行に月経が重なるのは嫌なものです。試験や旅行に先がけて月経を計画的に移動することができます。月経周期には個人差がありますので、月経移動を希望される場合は事前にご相談されることをお勧めします。
月経移動には低用量ピルやホルモン剤を使って、手前にずらしたり、試験や旅行が終わってから月経が起きるようにしたりすることができます。修学旅行前の小学生やスポーツ大会を控えた中高生も月経移動を受けに来院されています。

大学入試を控えている受験生の場合は、例年10月くらいに来院していただき、翌年の受験スケジュールに重ならないように月経移動を計画していきます。受験勉強も大切ですが、受験日の体調管理も大切なことです。

PMS(月経前症候群)

PMSとは、月経前症候群のことで、排卵から月経までの間に起こる非常に不快な症状のことです。人によって症状や程度は様々ですが、月経前のイライラ、落ち込み、むくみ、眠気、情緒不安定などがあります。このような症状は月経が始まると軽くなることがほとんどです。

治療には、イライラやむくみをとる漢方治療やホルモン治療があります。ホルモン治療には低用量ピルによる方法もあり、希望によって治療法を選ぶことができます。当院で治療を受けられた方々は、以前のような症状がなくなり大変楽になったと言われています。PMSの症状があれば、我慢したりしないで、ご相談にこられることをお勧めします。

月経困難症

思春期外来でもご説明しましたが、月経痛がひどくて生活に支障をきたすような場合は月経困難症といいます。正しい鎮痛薬の服用方法や低用量ピルを試してみることによって、月経痛で困るようなことが少なくなってきます。

子宮内膜症の症状もほとんどが月経困難症を伴うことが多いので、一度診察においでください。

PMSと月経困難症が同時に起こることもありますので、生理痛だからと我慢したりしないで、治療法のご相談にみえることをお勧めします。

不妊外来

普通に性生活をおくっているのになかなか妊娠しない、一人目をお産した後なかなか妊娠しない、妊娠しても流産してしまう、女性と男性のどちらに問題があるのかわからない、生理不順で困っているなど不妊症に悩むカップルのための相談をお聞きして、必要な検査や治療を行います。

妊娠には5つの条件が必要です。卵子があること、精子があること、精子が子宮内に入っていけること、卵子と精子が受精する場所があること、受精卵が着床できること、の5つです。言葉をかえれば、排卵があり、精子が正常で、子宮頸管に異常がなく、卵管がつまってなく、子宮内膜が正常であることです。

治療は、最初は自然周期で排卵のタイミングを測ります。次に排卵誘発剤とともに子宮の血流を改善するような漢方治療を行います。次のステップとして人工授精へと進んでいきます。当院では、毎週火曜日に不妊治療専門の吉満陽孝先生(元よしみつ婦人科クリニック院長)に人工授精のプランニングをしていただいております。人工授精を希望される方には、超音波検査で排卵の時期を推定して、人工授精の日を決めます。前もって、ご自宅で精液を採取するための容器をお渡ししますので、当日朝に持ってきていただきます。精液は培養液と保温器内で調整して30分後に人工授精用のカテーテルで子宮内に注入します。排卵していない場合は注射で排卵を起こします。その日は帰宅していただき、日常生活や仕事は通常通り行っていただきます。卵管膨大部内で「受精」が成立すれば2週間後に妊娠反応が陽性となります。

更年期外来

女性ホルモンの分泌が始まるのが思春期ですが、反対に規則正しかった女性ホルモンの分泌が不規則になり始めるのが更年期です。更年期は、40歳から60歳の間が多いのですが、30代後半から更年期障害の症状が出てくる女性もみられます。

女性ホルモンが減っていくと様々な症状が出てきます。ホットフラッシュ、発汗、動悸、めまい、頭痛、手のこわばり、関節痛、不安感、無気力、落ち込み、手足の冷え、薄毛、脱毛、ドライアイ、ドライマウス、喉のつかえや違和感、など非常に多くの症状がみられ、これらを更年期障害と総称することもあります。

更年期外来では、女性ホルモンの低下以外に原因がないか、例えば甲状腺ホルモンの異常や、貧血による動悸、リウマチによる関節の症状、骨密度、動脈硬化度などを調べております。

治療は、女性ホルモンを補うホルモン補充療法(HRT)や漢方薬による治療、精神安定剤による治療、骨粗鬆症治療薬、高脂血症治療薬、更年期症状に有効なサプリメント療法などがあります。その人や症状にあった治療法で更年期の症状が楽になります。一人で悩まずに相談にみえることをお勧めします。

がん検診

子宮頸がん検診、子宮体がん検診、卵巣がん検診を行っています。子宮体がんと卵巣がんの検診は、痛くないように超音波検査で行っています。必要な方には細胞診や組織診を行います。また、近接する画像診断クリニックで、CT検査やMRI検査を受けていただき、当院で結果の説明を行っています。

乳がん検診は、乳腺外科のある施設に当院からご紹介しております。

避妊法

女性が行う避妊法は低用量ピル、子宮内避妊具があります。低用量ピルは慎重にスタートすればとくに問題はなく、飲み忘れなどがなければ避妊効果は100%です。飲み忘れたり次の服用法がわからない場合は当院のスタッフにお尋ねください。

避妊に失敗したり、無防備な性交で心配な時は、緊急避妊ピル(アフターピル)をおすすめしています。避妊効果90%の新しいノルレボ錠も当院で処方しています。緊急避妊ピルの後に通常の低用量ピルを使って、低用量ピルに慣れていただくことも大切なことだと考えております。

性病検査

子宮頚管からの検査や血液検査を行っています。クラミジア感染症や淋病は外来で1回のみの服用で治療できる抗生剤を用意していますので、仕事や学校で忙しい方や治療に時間がかけられない方はご相談ください。

外陰部の痒みや痛み、おりものが増加して困るという症状は、カンジタ症のことも多く、性病検査のときに同時に検査・治療を行っております。また、血液検査ではHIVや梅毒の検査も行っております。