WEB問診

WEB問診

WEB予約

WEB予約

福岡天神の産婦人科 野崎ウイメンズクリニック

Column 175

2022/09/06 18:00

脳の中の水

院長ブログ

 先日、アメリカの食品医薬品局(FDA)がアルツハイマー病の新しい治療薬「アデュカヌマブ」を条件付きで承認したことが話題となりました1)。この新薬は、脳の中にたまったアミロイドβという異常なタンパク質を取り除く役割があるそうです。

 このアミロイドβは健康な人でも脳の中で毎日作られていますが、「脳の中の水」によって日々洗い流されているということが、最新の研究で明らかになりつつあります。脳は硬い頭蓋骨の中で脳脊髄液という液体に浸かっているのですが、脳の中ではどのように流れているかは永年の謎でした。

 私たちの体の中では、老廃物を含んだ細胞の間質液はリンパ管に吸収されて運ばれます。リンパ管は全身にくまなく分布していて、日々の活動によって生じたゴミを洗い流してくれます。ところが、脳ではこのリンパ管が見つかっていませんでした。脳がどうやって老廃物を洗い流しているのかは長年の謎でした。

 2012年、アメリカのロチェスター大学の研究グループが、脳脊髄液は脳表面から脳の中へと続く血管の周囲(血管周囲腔)に沿って脳の中に入っていくこと、それが間質液として脳の中へ浸み込んでいき、リンパ管がなくても老廃物を排出することが可能であることを明らかにしました。

 実際に、実験動物の脳に注射したアミロイドβが脳脊髄液の流れに依存して排泄されることが、放射性物質でラベルした水の流れで示されました。この脳内の水の流れにはアクアポリン4という脳の中で水の通り道を作っているタンパク質が重要な役割を果たしていることも分かりました。

 また、この研究グループは脳の中の水の流れが睡眠中に活発になることも明らかにしています。睡眠を取らせないようにしたマウスでは脳の中の水の流れは遅く、睡眠中や麻酔で眠らせたマウスでは水の流れが速く、脳内の老廃物が速やかに排泄されることが分かりました。

 ぐっすりと眠った後のすっきりとした目覚めは脳の中の水がサラサラと流れたからでしょうか。

引用

1)https://www.m3.com/clinical/news/1030238

この記事を書いた人

野崎 雅裕
野崎 雅裕野崎ウイメンズクリニック 院長
福岡市天神の産婦人科、野崎ウイメンズクリニックの院長。女性医学の専門医として、九州大学病院などにおいて、思春期から更年期女性のホルモン療法や不妊治療、漢方療法、月経痛や女性のこころとからだの悩みに関する医療に長年従事。ホルモン療法やピルの使い方、月経痛の対処法や月経移動の説明にも精通した熟練スタッフとともに、すべての患者様へあたたかいケアを行っている。
< 前
次 >

Column 239

円靭帯症候群
円靭帯症候群
2023/11/28 18:00

Column 238

Fitz-Hugh-Curtis症候群
Fitz-Hugh-Curtis症候群
2023/11/21 18:00

Column 237

ジュピター
ジュピター
2023/11/14 18:00
円靭帯症候群

Column 2392023/11/28 18:00

円靭帯症候群

Fitz-Hugh-Curtis症候群

Column 2382023/11/21 18:00

Fitz-Hugh-Curtis症候群

ジュピター

Column 2372023/11/14 18:00

ジュピター

トップに戻る
HOMEボタン
電話
WEB予約
WEB問診
トップに戻る
地下鉄天神駅14版出口直結 産婦人科

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

電話番号

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

電話番号

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.

Designed by HARUNO design.