ロゴ_sp

2022/05/08 18:00

Column 154:美しく青きドナウ
院長ブログ

 「美しく青きドナウ」はヨハン・シュトラウスが1867年に作曲した合唱用のウインナ・ワルツです1)。オーストリアでは帝政時代から現在に至るまで「第二の国歌」とも呼ばれているウインナ・ワルツの代名詞でもあります。

 ドナウ川は、ドイツ南部バーデン・ヴェルテンベルク州の森林地帯「シュヴァルツヴァルト(黒い森)」に源を発し、東へ東へと流れて、東欧各国を含む10ヵ国を通って黒海に注ぐ国際河川で、ヴォルガ川に次いでヨーロッパで2番目に長い大河です2)。

 ドナウ川は、ケールハイムでライン・マイン・ドナウ運河と接続しています。その後、ミュンヘンから流れてきた支流と合流しながら、オーストリア領に入ります。ヴァッハウ渓谷などの景勝地を流れたドナウ川はオーストリアの首都ウイーンがあるウイーン盆地を流れます。

 スロバキア・ハンガリー国境を通り、ハンガリーの中央部を縦断します。ハンガリーの首都ブタペストは「ドナウの真珠」と呼ばれる美しい都市ですが、ドナウ川西岸のブダと東岸のペシュトが合併した街で、街の中央部をドナウ川が流れています。ブダとペシュトの間にはブタペストのシンボルであるセーチェーニ鎖橋が1849年に架けられています。

 ハンガリーを抜けると、ドナウ川はクロアチアとセルビアの国境となり、その後セルビアとルーマニアの国境を流れます。ドナウ川はルーマニアとブルガリア、モルドバを通り、ウクライナとルーマニアとの国境の近くで、3本に分かれてドナウ・デルタとなって黒海に注ぎます。

 1992年に完成したライン・マイン・ドナウ運河は、ドイツ・バイエルン州のドナウ川とマイン川を結ぶ運河によってライン川とも繋がり、ヨーロッパを横断して北海と黒海の水運が可能となりました。オランダのアムステルダムを出発してライン川とドナウ川でヨーロッパ大陸3000kmを横断するリバー・クルーズは22泊23日の豪華な船旅です4)。

 「美しく青きドナウ」はこのクルーズによく合うウインナ・ワルツです。

2022年3月から10月までのバイキング・クルーズの料金は一人当たり8000 ドルから、との案内です。動画配信にて楽しみたいと思います。

 ところで、2022年2月24日のロシア軍のウクライナ侵攻により、多くのウクライナ国民が周辺の隣国に逃れています。北はポーランドから、南はモルドバやルーマニアへと2022年3月末の時点で300万人以上が難民となっています。ドナウ川ではウクライナ南部からフェリーでルーマニアへと渡る避難民の様子が報道されています。避難のためではなく、楽しい旅行のためのクルーズが出来る日が再び訪れることを願ってやみません。

引用

1)https://ja.wikipedia.org/wiki/美しく青きドナウ
2)https://ja.wikipedia.org/wiki/ドナウ川
3)https://ja.wikipedia.org/wiki/ライン・マイン・ドナウ運河
4)https://oceandream.co.jp/cruise/vrc/vrc-cruise/rhine_and_danube/european_sojourn/
< 前のコラム
次のコラム >
Column 157:プラセンタ
Column 157:プラセンタ
2022/05/17 18:00
Column 156:シンギュラリティ
Column 156:シンギュラリティ
2022/05/15 18:00
Column 155:ファム・ファタール
Column 155:ファム・ファタール
2022/05/10 18:00
Column 157:プラセンタ

2022/05/17 18:00

Column 157:プラセンタ

Column 156:シンギュラリティ

2022/05/15 18:00

Column 156:シンギュラリティ

Column 155:ファム・ファタール

2022/05/10 18:00

Column 155:ファム・ファタール

トップに戻る
credit-logo

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

credit-tel

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

credit-tel

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/nozakiwomens/nozakiwomens.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2740