ロゴ_sp

2022/01/09 18:00

Column 120:グルメ教育
院長ブログ

 産経新聞 令和3年12月23日付、フランス駐在員の三井美奈氏が書いた「グルメ教育」と題するコラムが出ていました。面白かったのでご紹介します。

『近所の保育園の前を通る度、掲示板にある給食の献立表を見るのが楽しみ。当然といえば当然だが、フランス料理が出る。クリスマス前は特に豪華で、「カニとアボカドのサラダ」「栗とレーズンを詰めた七面鳥のロティ」「チョコレートムース メレンゲ添え」と続く。3歳でこんな美食を楽しんでいるから、フランス人はグルメになるのか。

 感心させられるのは、常に「スープか前菜、主菜、デザート」の三拍子が守られていること。全ての皿が盆に載っていても、一皿ずつコース料理として食べるよう躾けられているらしい。

 私の知人に美食家で知られるフランス人の学者がいる。知日派としても有名で、和食の良さをいろんな場所で語る。だが、彼の日本人の妻は「家で和食を出すと、みそ汁をいつも最初に飲み干してしまう」とこぼしている。結婚して30年以上たっても、おかずを食べ、みそ汁で口中を潤し、白米を頬張る、という日

本流になじめない。まさに「三つ子の魂百まで」ですね。(後略)』

フランス料理のコースメニューは以下の順で供されるのが一般的になっています1)。オードブル(前菜)に始まり、スープ、ポワソン(魚料理)、ソルベ(シャーベット)、ヴィヤンド(温かい肉料理)、デザート、カフェ、これで一通り終了ですが、フォーマルや格式の高いフルコースになるとさらに品数が増えます。

 さらに、お店に合わせたドレスコード、ナプキンの使い方、ナイフとフォークの置き方や使い方、などなど、フランス料理のマナーが他にもありますが、気のおけない仲間や家族とフランス料理を楽しむのが一番でしょう。保育園のころから「給食」でフランス料理のマナー教育を受けているフランス人なら、フレンチ・ディナーは「朝メシ前」でしょうね。

引用

1)https://www.amusez.jp/blog/1963/
< 前のコラム
次のコラム >
Column 123:フロスするおサルさん
Column 123:フロスするおサルさん
2022/01/18 18:00
Column 121:果糖は万病の元
Column 121:果糖は万病の元
2022/01/11 18:00
Column 119:五黄の寅(虎)
Column 119:五黄の寅(虎)
2022/01/04 18:00
Column 123:フロスするおサルさん

2022/01/18 18:00

Column 123:フロスするおサルさん

Column 121:果糖は万病の元

2022/01/11 18:00

Column 121:果糖は万病の元

Column 119:五黄の寅(虎)

2022/01/04 18:00

Column 119:五黄の寅(虎)

トップに戻る
credit-logo

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

credit-tel

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

credit-tel

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.