WEB問診

WEB問診

WEB予約

WEB予約

福岡天神の産婦人科 野崎ウイメンズクリニック

2021/12/28 18:00

Column 117:クリニック 今年の漢字

院長ブログ

 皆さんの今年の漢字は何だったでしょうか。

相変わらず新型コロナウイルス感染症のために「禍」だという人もいるでしょうか。東京2020オリンピック・パラリンピックが開催されたので「輪」の人もいるでしょう。緊急事態宣言が長く続いたので「緊」かもしれませんね。

 福岡市天神にある私のクリニックでも、毎年「クリニック今年の漢字」を選んでいます。コラム85:「産」という漢字でも紹介しましたが、クリニックの漢字は、2018年が「産」、2019年は福岡市天神で天神ビッグバンが始まり「建」、2020年がコロナの「禍」で今年も続いています。


 さてさて、クリニック今年の漢字2021年は「開」です。

福岡市が主導する天神ビッグバンの第1号となる天神ビジネスセンターが隣にオープンしました。このビルは、国家戦略特区の特例で航空法による建物の高さ制限が緩和されたために、総ガラス張りの19階建てとなっています。

また、クリニックでは開業して満10年を迎えました。開業した当時には想像もつかなかった「コロナ禍」ですが、空気清浄機は天井に2機設置され、フロアでは5台が稼働中です。ワクチン接種が終わる前にはパーティションで仕切られた診療でしたが、感染が落ち着いた今は、パーティションを外してオープン(開)にしました。

来年2022年こそは、コロナ禍が終息して未来が開けるように願いを込めて、2021年クリニックの漢字は「開」です。

 ちなみに、日本漢字能力検定協会が京都の清水寺で毎年発表する「今年の漢字2021年」は「金」でした。東京五輪での「金」メダル、大谷翔平選手の大リーグMVP、藤井聡太の最年少四冠など各界で「金」字塔が打ち立てられたことや、給付「金」、新貨幣・新硬貨などお「金」にまつわる話題が多かったからだそうです。

この記事を書いた人

野崎 雅裕
野崎 雅裕野崎ウイメンズクリニック 院長
福岡市天神の産婦人科、野崎ウイメンズクリニックの院長。女性医学の専門医として、九州大学病院などにおいて、思春期から更年期女性のホルモン療法や不妊治療、漢方療法、月経痛や女性のこころとからだの悩みに関する医療に長年従事。ホルモン療法やピルの使い方、月経痛の対処法や月経移動の説明にも精通した熟練スタッフとともに、すべての患者様へあたたかいケアを行っている。
< 前
次 >
Column195:フェムテックって?
Column195:フェムテックって?
2023/01/24 18:00
Column194:ネアンデルタール人
Column194:ネアンデルタール人
2023/01/17 18:00
Column193:不妊治療のお話
Column193:不妊治療のお話
2023/01/10 18:00
Column195:フェムテックって?

2023/01/24 18:00

Column195:フェムテックって?

Column194:ネアンデルタール人

2023/01/17 18:00

Column194:ネアンデルタール人

Column193:不妊治療のお話

2023/01/10 18:00

Column193:不妊治療のお話

トップに戻る
HOMEボタン
電話
WEB予約
WEB問診
トップに戻る
地下鉄天神駅14版出口直結 産婦人科

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

電話番号

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

電話番号

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.

Designed by HARUNO design.