WEB問診

WEB問診

WEB予約

WEB予約

福岡天神の産婦人科 野崎ウイメンズクリニック

2021/12/05 18:00

Column 110:男性不妊

不妊治療男性不妊院長ブログ

放送作家の鈴木おさむさんの小説「僕の種がない」を読みました。本の帯には「ドキュメンタリーディレクターの◯◯◯◯は癌で余命半年の芸人に意を決して提案する『ここからなんとか子供を作りませんか?』だが、その芸人は無精子症だった、、、、。それでも諦めずに奇跡を起こそうとする物語」とあります。

 著者が鈴木おさむさんで、このタイトルなので、読者を笑いに誘う物語かと思って読み進めましたが、ドキュメンタリーかと思ってしまうほどリアルなタッチで、感動的な物語でした。とくに、産婦人科医として、不妊治療をおこなっている医師として、いま一度、感動を与えてくれる作品でした。

 不妊症といえば女性の病気と思われることも多いのですが、実は不妊症の原因は男性因子が30%以上もあるのです1)。「僕の種がない」という物語は、無精子症という「病気」がひとつのテーマですが、不妊症のカップルにとって、最初に精液検査を受けておくことは大変重要なことなのです。

世界保健機構(WHO)が2010年に発表した精液所見の基準値2)は、精子の数(濃度)が1500万/ml以上、精子の動き(運動率)が40%以上、精子の形(正常形態率)が4%以上、とされています。精子の数が少なかったり、動きが悪いときには、コラム75や76でお話しした人工授精の適応となります。

 

一回の射精で何千万もの精子が排出され、毎日毎日一億匹近くも作られている精子ですが、精子の検査所見が非常に悪い場合には、人工授精よりも顕微受精の適応になります。顕微受精は、卵子の中に顕微鏡下で精子を一匹注入する生殖補助医療技術(ART:Assisted Reproductive Technique)です。

 ARTは「芸術」のARTと同じ綴りですが、男性不妊で悩むカップルにとっては、芸術に匹敵するくらい素晴らしい「わざ」が開発されています。

引用

1)https://www.jaog.or.jp/lecture/5-不妊の原因と検査/
2) https://www.fertstert.org/article/S0015-0282(12)01883-3/fulltext
< 前
次 >
Column178:ミレーナ
Column178:ミレーナ
2022/09/27 18:00
Column177:吹上浜
Column177:吹上浜
2022/09/20 18:00
Column176:太陽嵐
Column176:太陽嵐
2022/09/13 18:00
Column178:ミレーナ

2022/09/27 18:00

Column178:ミレーナ

Column177:吹上浜

2022/09/20 18:00

Column177:吹上浜

Column176:太陽嵐

2022/09/13 18:00

Column176:太陽嵐

トップに戻る
HOMEボタン
電話
WEB予約
WEB問診
トップに戻る
地下鉄天神駅14版出口直結 産婦人科

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

電話番号

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

電話番号

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.

Designed by HARUNO design.