WEB問診

WEB問診

WEB予約

WEB予約

福岡天神の産婦人科 野崎ウイメンズクリニック

2021/12/05 18:00

Column 110:男性不妊

不妊治療男性不妊院長ブログ

放送作家の鈴木おさむさんの小説「僕の種がない」を読みました。本の帯には「ドキュメンタリーディレクターの◯◯◯◯は癌で余命半年の芸人に意を決して提案する『ここからなんとか子供を作りませんか?』だが、その芸人は無精子症だった、、、、。それでも諦めずに奇跡を起こそうとする物語」とあります。

 著者が鈴木おさむさんで、このタイトルなので、読者を笑いに誘う物語かと思って読み進めましたが、ドキュメンタリーかと思ってしまうほどリアルなタッチで、感動的な物語でした。とくに、産婦人科医として、不妊治療をおこなっている医師として、いま一度、感動を与えてくれる作品でした。

 不妊症といえば女性の病気と思われることも多いのですが、実は不妊症の原因は男性因子が30%以上もあるのです1)。「僕の種がない」という物語は、無精子症という「病気」がひとつのテーマですが、不妊症のカップルにとって、最初に精液検査を受けておくことは大変重要なことなのです。

世界保健機構(WHO)が2010年に発表した精液所見の基準値2)は、精子の数(濃度)が1500万/ml以上、精子の動き(運動率)が40%以上、精子の形(正常形態率)が4%以上、とされています。精子の数が少なかったり、動きが悪いときには、コラム75や76でお話しした人工授精の適応となります。

 

一回の射精で何千万もの精子が排出され、毎日毎日一億匹近くも作られている精子ですが、精子の検査所見が非常に悪い場合には、人工授精よりも顕微受精の適応になります。顕微受精は、卵子の中に顕微鏡下で精子を一匹注入する生殖補助医療技術(ART:Assisted Reproductive Technique)です。

 ARTは「芸術」のARTと同じ綴りですが、男性不妊で悩むカップルにとっては、芸術に匹敵するくらい素晴らしい「わざ」が開発されています。

引用

1)https://www.jaog.or.jp/lecture/5-不妊の原因と検査/
2) https://www.fertstert.org/article/S0015-0282(12)01883-3/fulltext

この記事を書いた人

野崎 雅裕
野崎 雅裕野崎ウイメンズクリニック 院長
福岡市天神の産婦人科、野崎ウイメンズクリニックの院長。女性医学の専門医として、九州大学病院などにおいて、思春期から更年期女性のホルモン療法や不妊治療、漢方療法、月経痛や女性のこころとからだの悩みに関する医療に長年従事。ホルモン療法やピルの使い方、月経痛の対処法や月経移動の説明にも精通した熟練スタッフとともに、すべての患者様へあたたかいケアを行っている。
< 前
次 >
Column195:フェムテックって?
Column195:フェムテックって?
2023/01/24 18:00
Column194:ネアンデルタール人
Column194:ネアンデルタール人
2023/01/17 18:00
Column193:不妊治療のお話
Column193:不妊治療のお話
2023/01/10 18:00
Column195:フェムテックって?

2023/01/24 18:00

Column195:フェムテックって?

Column194:ネアンデルタール人

2023/01/17 18:00

Column194:ネアンデルタール人

Column193:不妊治療のお話

2023/01/10 18:00

Column193:不妊治療のお話

トップに戻る
HOMEボタン
電話
WEB予約
WEB問診
トップに戻る
地下鉄天神駅14版出口直結 産婦人科

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

電話番号

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

電話番号

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.

Designed by HARUNO design.