WEB問診

WEB問診

WEB予約

WEB予約

福岡天神の産婦人科 野崎ウイメンズクリニック

2021/11/30 18:00

Column 109:気・血・水

院長ブログ

福岡市天神にある野崎ウイメンズクリニックでは、女性ホルモンのコントロールとともに、漢方薬による治療も多くおこなっています。漢方薬といえば、難しい生薬の名前や聞き慣れない材料の組み合わせから、敬遠されがちなことも多いのですが、体質や症状によってはベストアンサーになります。

 「気・血・水」は、漢方医学の基本的な考え方です。

「気」は生命活動を営む根源的なエネルギー、「血」は生体を物質的に支える赤色の液体、「水」は生体を物質的に支える無色の液体、を表します。「気虚」といえば元気のない状態、「気逆」といえばヒステリックな状態、「血虚」といえば血液が足りない状態、「水毒」といえば水が滞った状態、などなどです。

 「気・血・水」に加えて、「陰・陽」も自然界の大切な概念です。

「陰と陽」は、「天と地」「夏と冬」「昼と夜」「日向と日陰」のように相対的な事象で、食べ物では「体を暖めるもの」「体を冷やすもの」に大別されます。また、病気も「熱が主体の病気」「寒が主体の病気」に分けられます。

 その人の体質も、おおよそ3つに大別されます。

「実証」は、がっしりとして赤ら顔で便秘気味、「虚証」は、細くて冷え性でお腹が弱い、「中間証」は、それらの中間です。例えば、ミロのビーナスは実証タイプ、竹久夢二の美人画は虚証タイプ、と言うことになります。

 漢方薬による治療は、これらの「気・血・水」「陰・陽」「証」を客観的に観察しながら、病状が寒気から発熱に至れば、陰から陽に変化したことを察知していきます。「気」が主な症状であれば、精神的なアプローチ、「水」の異常が疑われれば、脱水や浮腫の観察、というふうにリアルタイムで対応していきます。

 「漢方薬は体質改善だから即効性がない」とか、「最低1ヶ月は服用しないと効き目が分からない」などと思っている人もいます。ところが、こむら返りに芍薬甘草湯、鼻アレルギーに小青竜湯、など30分で効果がある漢方薬も多いのです。その時の自分の、「気・血・水」「陰・陽」「証」がどうなのかを考えてみるのもいいことです。

この記事を書いた人

野崎 雅裕
野崎 雅裕野崎ウイメンズクリニック 院長
福岡市天神の産婦人科、野崎ウイメンズクリニックの院長。女性医学の専門医として、九州大学病院などにおいて、思春期から更年期女性のホルモン療法や不妊治療、漢方療法、月経痛や女性のこころとからだの悩みに関する医療に長年従事。ホルモン療法やピルの使い方、月経痛の対処法や月経移動の説明にも精通した熟練スタッフとともに、すべての患者様へあたたかいケアを行っている。
< 前
次 >
Column195:フェムテックって?
Column195:フェムテックって?
2023/01/24 18:00
Column194:ネアンデルタール人
Column194:ネアンデルタール人
2023/01/17 18:00
Column193:不妊治療のお話
Column193:不妊治療のお話
2023/01/10 18:00
Column195:フェムテックって?

2023/01/24 18:00

Column195:フェムテックって?

Column194:ネアンデルタール人

2023/01/17 18:00

Column194:ネアンデルタール人

Column193:不妊治療のお話

2023/01/10 18:00

Column193:不妊治療のお話

トップに戻る
HOMEボタン
電話
WEB予約
WEB問診
トップに戻る
地下鉄天神駅14版出口直結 産婦人科

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

電話番号

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

電話番号

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.

Designed by HARUNO design.