ロゴ_sp

2022/04/26 18:00

Column 151:天国への階段
院長ブログ
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2022119172SA000/?np_banID=top_sp0012_119172

 「天国への階段」はイギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリンの曲で、レッド・ツェッペリンを代表するロックの名曲と言われています。

「光るものは全て黄金だと信じている女性がいる。」

「彼女は天国への階段を一段ずつ買っている。」

「彼女は全ての店が閉まっていても言葉一つで買えると思っている。」

「その女性を見て、いったい何なのかと思ってしまう。」

「お金で買う天国という虚無に向かう道もあれば、堅実な道もある。」

「まだ君は選べるんだ。そして私たちは階段を登らず道を下っていく。」

「私たちの影は魂よりも高くなる、成長していく。」

「ほら、私たちみんなが知る馬鹿な女性が歩いている。」

「彼女は天国への階段を一段ずつ買っている。」

金にまかせて天国への階段を一段ずつ買っている女性は、周りの人や物が何も見えていないようです。人は誰でも天国へ行きたいと思っていますが、天国への階段は金や力ずくでは手に入らないはずです。所有欲によって起こる対立

や憎悪を醒めた目で静かに歌ったのが「イマジン」です。

ジョン・レノンの名曲「イマジン」1)では、天国も地獄も、国も宗教も、所有欲もなければ、戦わずに平和に生きていけるんだけれど、僕は夢想家ですか?

という歌詞が流れます。

「想像してごらん、天国なんて無いんだと」

「地面の下には、地獄なんて無いし、、、、、、」

「想像してごらん、国なんて無いんだと」

「殺す理由もなく、死ぬ理由もなく」

「想像してごらん、みんなが平和に暮らしていると」

 「天国なんて無いんだ」という部分からイギリスの葬儀では使用が禁止されています1)。天国への階段はあった方がいいですが、金で買ったり、人間が禁止したりするものでしょうか。もちろん、そんな大金はありませんが。

引用

1)https://ja.wikipedia.org/wiki/イマジン_(ジョン・レノンの曲)

< 前のコラム
次のコラム >
Column 157:プラセンタ
Column 157:プラセンタ
2022/05/17 18:00
Column 156:シンギュラリティ
Column 156:シンギュラリティ
2022/05/15 18:00
Column 155:ファム・ファタール
Column 155:ファム・ファタール
2022/05/10 18:00
Column 157:プラセンタ

2022/05/17 18:00

Column 157:プラセンタ

Column 156:シンギュラリティ

2022/05/15 18:00

Column 156:シンギュラリティ

Column 155:ファム・ファタール

2022/05/10 18:00

Column 155:ファム・ファタール

トップに戻る
credit-logo

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

credit-tel

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

credit-tel

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/nozakiwomens/nozakiwomens.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2740