WEB問診

WEB問診

WEB予約

WEB予約

福岡天神の産婦人科 野崎ウイメンズクリニック

Column 235

2023/10/31 18:00

かもめ食堂

かもめ食堂

フィンランド

映画

院長コラム

画像参照:AmazonPrimeVideo

 映画「かもめ食堂」は2006年萩上直子監督の日本映画で、舞台はフィンランドのヘルシンキ。日本食の食堂を営む個性的な主人公に小林聡美、偶然食堂を手伝うことになった日本人旅行者に片桐はいり、もたいまさこが加わりフィンランドの人たちとゆったりと交流を繰り広げていく様子が描かれています1)。

 主人公は、フィンランドで日本食のメインメニューとしておにぎりを広めたいのですが、なかなか上手くいきません。手伝いの片桐はいりはフィンランドで定番とされる食材である、トナカイ、ニシン、ザリガニをおにぎりの具として買ってきますが、梅、シャケ、おかかとのマッチングにはとてもかないません。

 フィンランドの人たちに日本食を理解してもらうのには、いろいろな工夫や苦労がありますが、次第に客が増えていって繁盛するまでにかなりの時間がかかります。それにしても、主人公の小林聡美が料理を手際よく作るシーンには演技とは思えないものがあります。

 小林聡美が話すフィンランド語も流暢です。撮影にあたってフィンランド語の練習をしたそうですが、さすがは俳優ですね。違和感なく現地の人々との会話のキャッチボールができています。2019年には日本とフィンランド外交関係樹立100周年を記念してフィンランドとの親善大使に任命されています2)。

 撮影にあたって食堂のセットとして使用された現地の食堂は、現在も実在しており、日本人観光客が集中する観光スポットになっています。また、フィンランド政府観光局が撮影協力したため、イッタラの食器やマリメッコの服などフィンランド企業の商品がたくさん登場します。

 映画の撮影にはフィンランドのスタッフが多く関わりました。ある日、フィンランド人のアシスタントディレクターが「明日はお母さんの誕生日なので休みます」と言うので、日本人スタッフは一同「えーっ、そんなことで休むの」と思ったそうですが、他のフィンランド人スタッフは「ああ、お母さんの誕生日だからね」と至極当たり前という様子だったそうです。日本の働き方改革もまだまだ、全く及びませんね。

引用

1)https://ja.wikipedia.org/wiki/かもめ食堂
2)https://www.youtube.com/watch?v=xm8H-KK_VdA

この記事を書いた人

野崎 雅裕
野崎 雅裕野崎ウイメンズクリニック 院長
福岡市天神の産婦人科、野崎ウイメンズクリニックの院長。女性医学の専門医として、九州大学病院などにおいて、思春期から更年期女性のホルモン療法や不妊治療、漢方療法、月経痛や女性のこころとからだの悩みに関する医療に長年従事。ホルモン療法やピルの使い方、月経痛の対処法や月経移動の説明にも精通した熟練スタッフとともに、すべての患者様へあたたかいケアを行っている。
< 前
次 >

Column 256

卒業
卒業
2024/03/26 18:00

Column 255

ネバーエンディング・ストーリー
ネバーエンディング・ストーリー
2024/03/19 18:00

Column 252

ピークボーンマス
ピークボーンマス
2024/02/27 18:00
卒業

Column 2562024/03/26 18:00

卒業

ネバーエンディング・ストーリー

Column 2552024/03/19 18:00

ネバーエンディング・ストーリー

ピークボーンマス

Column 2522024/02/27 18:00

ピークボーンマス

トップに戻る
HOMEボタン
電話
WEB予約
WEB問診
トップに戻る
地下鉄天神駅14版出口直結 産婦人科

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

電話番号

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

電話番号

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.

Designed by HARUNO design.