WEB問診

WEB問診

WEB予約

WEB予約

福岡天神の産婦人科 野崎ウイメンズクリニック

2022/08/16 18:00

Column172:幸せの4つのホルモン(その4) 

院長ブログ

「幸せだ」と感じるのは、ドーパミン、セロトニン、エンドルフィン、オキシトシンという4つのホルモンに起因します1)。それぞれのホルモンには、私たちがよい気分になるためのユニークな役割があります。

 オキシトシン。オキシトシンもドーパミン、セロトニン、エンドルフィンと同様に神経伝達物質で、「信頼」を促進する化学物質と考えることができます。Psychology Today誌によると、オキシトシンは、私たちが「絆(きずな)」を感じるときのような幸福感をもたらします。

 オキシトシンが与えてくれる絆は、母と子の絆であったり、親しい友人のグループにいるときに感じる感覚であったりします。もしも、オキシトシンが常に分泌されていたら、信用できない人や敵に絆のような親近感を感じたりして、私たち人間はとっくに滅んでいたことでしょう。

 オキシトシンは、母子の絆を深めるのに欠かせないホルモンで「愛のホルモン」とも呼ばれています。Psychology Today誌によると、オキシトシンのレベルを上げるには、「触れること」が効果的だそうです。ハグしたり、愛犬を撫でたりするとオキシトシンが増えます。

 オキシトシンは感動的な映画を観ても増えます2)。また、触れることや感動にはオーガスムもあります。Archives of Sexual Behavior誌の研究では、男女ともにオーガスム後にオキシトシンのレベルが上昇することが報告されています。とくに女性ではオーガスムの強さが高いほどオキシトシン分泌も多かったそうです。

 オキシトシンは、また薬剤として産婦人科の診療でも日常的に使われています。オキシトシンは、子宮の筋肉を収縮させるので、陣痛を起こして分娩を誘発する際に「分娩誘発薬」として点滴で投与されます。分娩誘発では子宮の収縮と赤ちゃんの心拍数をモニターしながらオキシトシンの量を調節します。

 母と子の出会いから絆まで愛のホルモンにお任せください。

引用

1)https://www.m3.com/lifestyle/983066
2)https://coconala.com/blogs/1923756/41115

この記事を書いた人

野崎 雅裕
野崎 雅裕野崎ウイメンズクリニック 院長
福岡市天神の産婦人科、野崎ウイメンズクリニックの院長。女性医学の専門医として、九州大学病院などにおいて、思春期から更年期女性のホルモン療法や不妊治療、漢方療法、月経痛や女性のこころとからだの悩みに関する医療に長年従事。ホルモン療法やピルの使い方、月経痛の対処法や月経移動の説明にも精通した熟練スタッフとともに、すべての患者様へあたたかいケアを行っている。
< 前
次 >
Column196:緊急避妊ピル
Column196:緊急避妊ピル
2023/01/31 18:00
Column195:フェムテックって?
Column195:フェムテックって?
2023/01/24 18:00
Column194:ネアンデルタール人
Column194:ネアンデルタール人
2023/01/17 18:00
Column196:緊急避妊ピル

2023/01/31 18:00

Column196:緊急避妊ピル

Column195:フェムテックって?

2023/01/24 18:00

Column195:フェムテックって?

Column194:ネアンデルタール人

2023/01/17 18:00

Column194:ネアンデルタール人

トップに戻る
HOMEボタン
電話
WEB予約
WEB問診
トップに戻る
地下鉄天神駅14版出口直結 産婦人科

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

電話番号

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

電話番号

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.

Designed by HARUNO design.