ロゴ_sp

2022/03/13 18:00

Column 138:サン・アントニオ
婦人科産婦人科院長ブログ

 世界の人口は、国連人口部発行の世界人口統計によれば、1950年25億人、1987年50億人、2011年70億人と増え続け、2050年には約100億人に達すると予測されています1)。その世界人口が1950年の倍に達する勢いであった1975年に、WHOのシンポジウムが米国テキサス州サン・アントニオで開催されました。

 このWHOシンポジウムでは、「発展途上国における人口爆発を抑制することを目的」としたテーマで、「卵管の運動を亢進させて、受精卵の子宮内への着床を阻害する研究」などが発表されました。その抄録集が「WHO San Antonio 1975」というタイトルで参加者に配布されました。

 「WHO San Antonio 1975」を私に下さったのが当時の九州大学別府温研産婦人科におられた是永迪夫先生です。1979年に九大産婦人科に入局した私は、不妊症研究に興味を持ち、1984年から卵管の基礎研究を始めていました。卵管の平滑筋や卵の輸送に関する資料が少ない中、「WHO San Antonio 1975」は私にとってバイブルのような本となりました。

 その後、ヒトの卵管平滑筋における研究で学位論文を提出し、1987年から米国オハイオ州シンシナティ大学の生理物理学研究室に留学しました。シンシナティ大学では別の平滑筋研究をすることになりましたが、その間、テキサス州のサン・アントニオでのWHOシンポジウムのことがずっと頭から離れませんでした。

 シンシナティ大学からテキサス大学サン・アントニオ校に送った手紙の返事が来たのが1年後でした。体外受精や不妊症研究の施設研修を許可する旨の内容で、シンシナティ大学の仕事を持って行きサン・アントニオ校の関連病院での研修をしながら2週間滞在しました。

サン・アントニオには、世界遺産「アラモの砦」があり、街の中心部にはパセル・デル・リオ(川の遊歩道)と呼ばれるリバーウォークがあります2)。私にとっては、卵管研究への誘いを受けた街、サン・アントニオです。

引用

1)https://bit.ly/3Cjh3F5
2)https://bit.ly/3Klj869
< 前のコラム
次のコラム >
Column 157:プラセンタ
Column 157:プラセンタ
2022/05/17 18:00
Column 156:シンギュラリティ
Column 156:シンギュラリティ
2022/05/15 18:00
Column 155:ファム・ファタール
Column 155:ファム・ファタール
2022/05/10 18:00
Column 157:プラセンタ

2022/05/17 18:00

Column 157:プラセンタ

Column 156:シンギュラリティ

2022/05/15 18:00

Column 156:シンギュラリティ

Column 155:ファム・ファタール

2022/05/10 18:00

Column 155:ファム・ファタール

トップに戻る
credit-logo

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

credit-tel

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

credit-tel

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/nozakiwomens/nozakiwomens.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2740