ロゴ_sp

2022/02/22 18:00

Column 133:ショウ・マスト・ゴー・オン
院長ブログ
引用)https://www.amazon.co.jp/Show-Must-Go-Queen/dp/B000057QF2

 「ショウ・マスト・ゴー・オン(show must go on)」は、直訳すると「ショーは続けなければならない」ですが、「一度始めてしまったら、何があっても続けなければならない」という意味の慣用句です1)。英語圏のショービジネスの世界でよく使われる言葉です。

 楽曲などのタイトルにも使われることがあり、コラム3:ボヘミアン・ラプソディーでお話しした英国の伝説のロックバンド「Queen」の「The Show Must Go ON」が特に有名です2)。

 クィーンのギタリスト、ブライアン・メイが作曲したこの曲のデモをヴォーカルのフレディ・マーキュリーに持っていった時には、エイズに罹ったフレディの体調はかなり悪化していました2)。それでもフレディはメイに「僕はこの曲に全てを捧げるよ」と語ったという逸話があります。

この逸話が物語るように、歌詞の内容は、「命ある限りショーを続けなくては」と、自分自身を勇気づけるものとなっています。ブライアン・メイは、この曲でのフレディの歌唱は、生涯最高のうちの一つだったと評価しています2)。

 また、「show must go on」ジャニーズ事務所のジャニー喜多川氏のモットーとしても知られています1)。彼がプロデュースする舞台で受け継がれてきたフレーズであり、ジャニーズ事務所全体の信念を表した言葉でしょう。

 「何があっても止めない」というエンターテイナーの覚悟が表れた言葉である「show must go on」。シェイクスピアの名言に「人生は舞台である」という通り、全ての人に通じる言葉です1)。

「続けていく覚悟」を問われる場面で、思い起こしてみてはいかがでしょうか。

引用

1)https://bit.ly/3rXWGsg
2)https://bit.ly/3AIEAys
< 前のコラム
次のコラム >
Column 157:プラセンタ
Column 157:プラセンタ
2022/05/17 18:00
Column 156:シンギュラリティ
Column 156:シンギュラリティ
2022/05/15 18:00
Column 155:ファム・ファタール
Column 155:ファム・ファタール
2022/05/10 18:00
Column 157:プラセンタ

2022/05/17 18:00

Column 157:プラセンタ

Column 156:シンギュラリティ

2022/05/15 18:00

Column 156:シンギュラリティ

Column 155:ファム・ファタール

2022/05/10 18:00

Column 155:ファム・ファタール

トップに戻る
credit-logo

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

credit-tel

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

credit-tel

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/nozakiwomens/nozakiwomens.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2740