ロゴ_sp

2022/04/10 18:00

Column 146:閉所恐怖症
更年期院長ブログ

 コラム143で高所恐怖症のお話をしました。この高所恐怖症よりもずっと頻度が高いのが閉所恐怖症です。

 病院で精密検査を受けるために訪れた患者さんが、CTやMRI装置のような狭い円筒(空間)に入っていく検査に恐怖を感じて、検査ができないことがよくあります。プロスポーツ選手でもこのような症状を訴える人達は必ず存在し、正確な診断や治療の妨げになることもあります1)。

福岡市天神にある私のクリニックにも、閉所恐怖症の患者さんが来られます。電車やバスにじっと乗っていると息が詰まりそうになる、エレベーターの中に入るのが怖い、MRI検査なんてとても出来そうにない、などです。とくに更年期症状のある患者さんには閉所恐怖症の割合が多いようです。

 更年期には女性ホルモンが減少していきますので、女性ホルモン不足の様々な症状が現れます。ほてりや発汗、めまいや倦怠感などが現れますが、無気力・落ち込みや不安・動悸なども多い症状です。不安は、ときには恐怖となり、さらには恐怖症になります。狭いエレベーターに「閉じ込められて」いると怖くてたまらないと感じるようになります。また、高所での不安も恐怖と感じることが増えてくることが多くなります。

 更年期女性には女性ホルモンを補うホルモン補充療法(HRT)を行うことにより、更年期症状や不安な症状が和らぎます。他には漢方療法や安定剤も有効ですが、一般的には閉所恐怖症に対して認知行動療法と系統的行動療法があります1)。また、閉所恐怖症の人で、MRI診断がどうしても必要な場合には、開放型MRIも開発されています。

 閉所恐怖症では「狭いところが苦手」になりますが、認知症になると、逆に「狭いところに入り込む」ことが多いようです。「閉鎖された空間・場所」というのは、「圧迫感」もありますが、逆に「包まれたり」「囲まれたり」する場所なのかもしれません。

引用

1)https://ja.wikipedia.org/wiki/閉所恐怖症

< 前のコラム
次のコラム >
Column 157:プラセンタ
Column 157:プラセンタ
2022/05/17 18:00
Column 156:シンギュラリティ
Column 156:シンギュラリティ
2022/05/15 18:00
Column 155:ファム・ファタール
Column 155:ファム・ファタール
2022/05/10 18:00
Column 157:プラセンタ

2022/05/17 18:00

Column 157:プラセンタ

Column 156:シンギュラリティ

2022/05/15 18:00

Column 156:シンギュラリティ

Column 155:ファム・ファタール

2022/05/10 18:00

Column 155:ファム・ファタール

トップに戻る
credit-logo

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

credit-tel

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

credit-tel

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/nozakiwomens/nozakiwomens.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2740