ロゴ_sp

2021/05/15 18:00

Column 74:PMSにピルを使わない方法

排卵から月経までの間に起こる様々な不調を月経前症候群(PMS)といいます。気分の落ち込み、イライラ、浮腫(むくみ)など、経験したことのある女性は多いと思います。排卵を起こさないようにして女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの波が来ないようにすればPMSの症状は治まるので、排卵抑制剤であるピルを使う治療がよく行われています。

PMSの治療を目的に受診した患者さんにピルを使用する提案をすると、中には「ピルはちょっと服用したくありません」、「症状のないときにも薬を服用するのはしたくありません」、「ピル以外の方法はありませんか」ということがよくあります。また、「ピルを試してみたいけれども、明日にも始まりそうなPMSの症状は何とかなりませんか」といった患者さんもおられます。

そこで、当院で行っている「PMSにピルを使わない方法」をご紹介します。まず、PMSの症状のうち「気分の落ち込み」「いらいら」などは、エストロゲン(卵胞ホルモン)の波が引き潮のように下がっていくことから起こりますから、月経の1週間前からPMSの症状が出るひとには、1週間前からエストロゲン剤を服用してもらいます。これはピルではありませんので、頓服薬のように3日間だけとか7日間だけ服用といった使い方が出来ます

また、PMSの症状のうち「浮腫(むくみ)」などは、排卵後のプロゲステロン(黄体ホルモン)の作用で起こりますから、月経の1週間前から「浮腫(むくみ)」の症状が出るひとには、1週間前からむくみに効く漢方薬などを服用してもらいます。同じく「イライラ」の症状にも効く漢方薬が何種類かありますから、その人に合った漢方薬を試してみます。

こうして、ピルを使わなくてもPMSの症状は緩和されますので、PMS→ピル→怖い→PMSは我慢する→といった悪循環に陥らなくてもいいのです。PMSの症状が辛い人は安心して当院を受診してください。

トップに戻る
credit-logo

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

credit-tel

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

credit-tel

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.