ロゴ_sp

2020/08/15 18:00

Column 60:ヒートショック

全国で年間約1万4000人の方々が入浴中に亡くなると推測されていますが、その原因の多くはヒートショックであるといわれています1)。ヒートショックは、暖かい居間から寒い風呂場へ移動する時に、特に冬場の入浴時に多く発生します1)

日本では、浴室とトイレは家の北側にあることが多く、暖かい場所から気温の低い場所に移動すると、体から熱を奪われまいとして血管が縮み、血圧が上がります。お湯につかると血管が広がって急に血圧が下がり、血圧が何回も上がったり下がったり変動することになります。

血圧の変動は心臓に負担をかけ、心筋梗塞や脳卒中の危険性を高めます。ヒートショックは65歳以上の高齢者、高血圧や糖尿病などの動脈硬化の基盤がある人、肥満や睡眠時無呼吸症候群、不整脈の人が影響を受けやすいといわれています2)。その他、浴室に暖房設備がない、一番風呂が好き、熱い風呂が好き、飲酒後の入浴、30分以上の入浴、などは危険です2)

ヒートショックを予防するポイントは、血圧が乱高下しないようにすることです。そのためには温度差をなるべくなくし、体に負担の少ない入浴方法を心がけることです。対策としては、脱衣所やトイレを暖める、入浴は40度未満のぬるめのお湯に入り、長湯を避ける、冷え込む深夜ではなく早めの時間に入浴する、などがあります。皆さんも気をつけましょう。

■引用・参考文献
1)http://www.kagoshima.med.or.jp/people/topic/2010/308.html
2)https://www.saiseikai.or.jp/medical/column/heatshock/

トップに戻る
credit-logo

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

credit-tel

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

credit-tel

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.