ロゴ_sp

2019/10/10 06:00

Column 39 :“ダヴィンチ”のガルベストンにて

ヒューストンから南に1時間ほどのテキサス大学ガルベストン校で、ダヴィンチ手術の見学と訓練がありました。器械の故障や調整で2週間もの間、ガルベストン生活を「満喫」しました。ロボット手術の準備が出来るまで、字幕のない映画を「楽しみ」、サン・アントニオへの観光を「強行」し、ヒューストンまでMLBメジャーリーグの野球を「見学」しに行きました。

ダヴィンチの米国Intuitive Surgical社1)の担当者マークが、器械の故障で待機中の私たちにガルベストンの「カニ料理」をご馳走してくれました。湯がいただけの「蟹の足だけ」が皿に山盛りです。彼の美しい彼女も一緒に蟹の足をハンマーで叩きながら、皆で黙々といただきました。

さんざん、蟹の足をいただいた後、どこからともなく、アフロヘアの男性が同席してきました。何事もなかったように着席して黙々と蟹の足をすすり始めました。最初はマークの友人かと思っていましたが、後でマークに尋ねると「赤の他人だよ!」とのこと。日本人には理解の限界を超えていました。

「蟹の足」の後、ガルベストンの居酒屋に行きました。メニューに「枝豆」があったので、早速注文しました。店員の女性が「エダマミ!」。「枝豆」は米国でも有名になりましたが、「エダマミ」です。「酒」を「サキー」、「神戸」を「コービー」というのと同じ「ノリ」です。

ヒューストンまで野球を「見学」しに行った帰り道です。ガルベストンまで一直線のフリーウェイ、周囲は漆黒の闇。突然のパッシングと真っ青な回転灯、すぐ後ろにパトカーが迫ってきました。即、停車。車外から頑丈なライトで指示する警官。「英語は話せるか?」、若い先生が「ア〜、リトル」。警官が、あきらめ顔で、「もうよし、行って、よし」、でした。

■引用・参考文献
1) http://www.innervision.co.jp/report/usual/20180606

トップに戻る
credit-logo

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

credit-tel

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

credit-tel

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.