ロゴ_sp

2018/12/10 18:01

Column 17:華麗なる加齢

アンチエイジングとは、加齢による身体の機能的な衰え(老化)を可能な限り小さくすること、言い換えると、「いつまでも若々しく」ありたいとの願いを叶えることです。老化の原因には、遺伝子の変異、細胞機能の低下、酸化ストレスの増加、免疫力の低下、ホルモンレベルの低下、炎症の慢性化などが共通要因として考えられています。1)アンチエイジングには、機能性食品を用いた栄養指導や、筋力・有酸素トレーニングなどの運動指導、意欲向上や心身ストレスからの解放を目指した精神療法、各種ホルモン補充といった薬物療法が有効といわれています。1)その一つに、女性ホルモンであるエストロゲンを補充するホルモン補充療法(HRT)があるわけです。

ところで、アンチエイジング(=Anti-Aging)の “aging” とは、ageの動詞形(=年をとる)+ ingという動名詞ですから、「歳を重ねる」や「老齢化」を意味します。すなわち、アンチエイジングとは、エイジングをAnti(=反対)とする考え方なのです。しかし、エイジングはいけないことなのでしょうか。加齢は生物であるならば平等に起こる自然現象です。したがって、急激に老化(=墜落)するのでは無く、健やかに美しく年を重ねましょう(=軟着陸)、という考え方こそがアンチエイジングの真意であり、タイトルの “華麗なる加齢” とは、まさに読んで字の如しなのです。この言葉は、私が敬愛する東京歯科大学の高松 潔先生の名言です。ちなみに余談ですが、食べ物のカレーに含まれる様々なスパイスには、発汗作用や脂肪燃焼が期待でき、美容効果が高いと言われています。カレーは「食べる漢方薬」と言われていますが、カレー大国のインドには美女が多いとされているのも、“カレー” が “華麗なる加齢” に一役買っている所以なのでしょうか。

日本でのHRTは欧米に遅れること数十年ですが、現在でも、HRTが必要とされる女性への普及率は数%しかありません。日本では更年期障害、特にホットフラッシュ、発汗、気分不良、動悸やめまいなどにHRTが行われていますが、皮膚や粘膜の乾燥、老化に対する治療や予防におけるHRTの普及率は、依然として低いのが現状です。

先日、北米閉経学会2018サンディエゴに参加してきましたが、更年期障害の治療におけるHRTは、欧米ではもはや当たり前のこととして位置づけられています。北米閉経学会での多くの話題は、その大半が “膣” のアンチエイジングがテーマのものでした。企業の展示ブースも、そのほとんどが “膣” の健康に関するものでした。日本が遅れているのか、欧米が進みすぎているのか、彼我の差を感じました。

■引用・参考文
1)「アンチエイジング」『ヤクルト中央研究所』、https://institute.yakult.co.jp/dictionary/word_23.php、2018年12月10日アクセス

トップに戻る
credit-logo

当院は完全予約制です

ご予約・お問い合わせ先は下記の電話まで

credit-tel

〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル6F

credit-tel

〒810-0001 福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル6F

 
 

©️ Nozaki Women's Clinic Allrights Reserved.